蜂退治はおしりのハリにご注意!|防護服で毒針対策実施!

放置しておくより駆除

2匹のハチ

キイロスズメバチは、スズメバチの中でも比較的大きめな巣を作り出すタイプの蜂です。活動期間は冬の12月あたりまでですが、それ以降は動きが鈍くなります。それを待って駆除するか早急に業者に依頼して駆除してもらうかに限ります。

Read More...

どんなシロアリが潜んでる

虫

シロアリは、世界的に数多く存在する生物です。日本では、シロアリ被害を出しているタイプはたったの2種類程です。自力で駆除するより、業者に頼ったほうが賢明です。シロアリの中では、外敵を攻撃するタイプがいるからです。

Read More...

習性を熟知

ねずみ

ネズミ駆除を行なう前に、ネズミの習性を熟知しておきましょう。潜んでいる場所や主食としているものなどを予め知っておくことで、ネズミ駆除が容易になることは間違いありません。日本の家屋で比較的多く潜むネズミを知りましょう。

Read More...

防護服で蜂さされ対策

蜂と巣

いよいよ、冬の寒い時期が終りとなり、暖かな春の穏やかな時期に差し掛かりました。暖かくなると厚着をしなくて済み過ごしやすくなるでしょう。それらは、人間に限った話ではありません。昆虫でも同様なことが言えます。まず、蜂は花が咲き始めた時期を見計らって、せっせと花の蜜などを運び出します。忙しそうに飛び回り、巣と花の間を行き来し続けて必要な蜜を運んで巣の中に溜め込んでいるのです。人間にとっても蜂が集めた蜜は重要な食料となるので、ある意味切っては切れない関係を持っています。
蜂は、人類になくてはならない存在ですが、同時に危険な存在でもあるのです。蜂のお尻部分には針があり、近づいたら、大量に襲ってきて刺してきます。刺された跡は、マンガでよく見るような大きな腫れ跡が残る可能性があります。しかも、蚊に刺されたようなかゆみが生じるわけでなく、継続して痛みに襲われてしまいます。蜂はこちらから何も刺激を与えなければ、特に害をもたらす事はありません。とはいえ、蜂の中には毒を持つタイプもいるので、近くで蜂の巣などを見かけたら早急に退治しましょう。いつまでも放置すると、いずれは蜂刺されの被害に遭ってしまいます。
蜂退治をするには、まずお尻部分のハリに刺されないようにする対策が必要です。ホームセンターでは、蜂退治用の防護服が販売されています。蜂が大量に防護服に止まっても、ハリが皮膚にまで届く心配は少なくて済みます。後は、専用の殺虫剤を噴射すれば容易に蜂退治が完了します。