蜂退治はおしりのハリにご注意!|防護服で毒針対策実施!

放置しておくより駆除

2匹のハチ

暑い時期になると、どんな人でもハチの脅威にさらされてしまいます。ハチは、冬場より夏場の方が活動が活発になるからです。特に注意したいのは、スズメバチですね。ミツバチと違ってスズメバチは強力な毒を持っているので、刺されたらひとたまりもありません。なので、スズメバチが飛んでいる所を見たらあまり近寄らず、何もせずに飛び去るのをじっと待ちましょう。しかし、街なかで一匹のスズメバチを見かけたらの場合です。住宅のベランダや庭先にスズメバチが巣を作っていたら場合は話が別になります。巣をベランダや庭先に作っていたら、普段の家事が困難になるばかりか家の出入り事態が危険になります。早急に巣を駆除したほうが賢明です。駆除することで、蜂の脅威へのストレスが軽減されます。
スズメバチの中でも、特にキイロスズメバチの場合は注意したい方がいいです。なぜなら、キイロスズメバチは、比較的大きめな巣を作ってしまう習性があります。時には、家の壁内側にまで巣を侵食させるケースもあるのです。大きめな巣を作るキイロスズメバチですが、活動時期が限られているのです。一応冬場の12月の頭あたりまでは活動をするタイプです。その後は、女王蜂以外は死んでしまうのと、同じ巣を使用する事はありません。そのため、活動外シーズンまで放置するのも駆除方法の一つではあります。ですが、活動が低迷する時期まで待ちきれるものではありません。いつ屋内に侵入してくるかわからない面で、ストレスを感じるでしょう。早急にキイロスズメバチの巣を駆除する業者に電話して撤去してもらいましょう。